足場工事

枠組足場(ビディ足場)

枠組足場(ビディ足場)

ビティ足場とも呼ばれる枠組足場は、他の足場に比べると組み立てや解体の手間や時間がかからないので、最も一般的な足場です。部材が軽い上に強度が高いため、さまざまな現場で使えます。

枠組足場(ビディ足場)の用途

枠組足場は部材が軽くて頑丈なため、本足場・棚足場として多く使用されます。建築工事や橋梁工事などの際には建物の外壁面に沿って設置します。

単管足場

単管足場

単管を組み合わせて作る単管足場は、組み立てや解体に手間こそかかりますが、建地間の幅の調整がある程度きくというのが長所です。

単管足場の用途

単管足場は、現場の規模が小さい場合、狭い場合など、枠組足場が立てられない場所によく使用されます。

ブラケット一側足場

ブラケット一側足場

建地にブラケットを取りつけ、その上に足場板を敷き詰めて一列に並べた足場がブラケット一側足場です。

ブラケット一側足場の用途

ブラケット一側足場は、本足場が設置できない場合や軽作業を行なう場合などに多く使われます。具体的には低層住宅を建てる際や戸建ての外壁塗装を行なう場合などがあります。

くさび緊結式足場(ビケ足場)

くさび緊結式足場(ビケ足場)

ビケ足場とも呼ばれるくさび緊結式足場は、ハンマー1本で組み立てられる便利さが長所です。緊結部がある部材とその先の支柱をくさびで連結し、その上に作業床を並べます。

くさび緊結式足場(ビケ足場)の用途

手軽に施工できるので、低層住宅から中層ビルまで対応できます。建築足場だけでなく、イベント用の仮設ステージ、仮設スタンドなどさまざまな現場で使えます。

張出し足場

張出し足場

張出し足場は、張出し材を取りつけた上に本足場を設置するものです。地上に直接組み立てないので、安全のためには部材の強度を高くすることが重要です。

張出し足場の用途

建物が密集している、道路との間が狭いなど、地上で本足場を組むことができない場合などに使われます。難しい現場のときのみ使うのが一般的です。

吊り足場

吊り足場

吊り足場は、鉄骨梁などから実際に吊り材で作業床を支える足場です。危険が伴うので、吊り足場を組み立てる際には主任者を置いて安全を確保しなければなりません。

吊り足場の用途

主に大規模な建物での工事の際に使われます。窓の清掃や鉄骨工事、橋梁工事など、地上で足場を組み上げることが難しい場合には吊り足場が選ばれます。

移動式足場(ローリングタワー)

移動式足場(ローリングタワー)

ローリングタワーこと移動式足場は、その名の通り下部にキャスターがついていて移動できる足場です。鋼管をやぐらのように組み立て、最上部に作業床を作ります。

移動式足場(ローリングタワー)の用途

移動するだけの十分なスペースが必要なので、狭い場所では使用できませんが、高所での作業には向いているので、天井や壁などの仕上げには最適です。

支保工

支保工

支保工とは、トンネルなどを掘削した際に、断面が崩れないよう保つために作る仮の構造物のことです。パイプサポート式型枠、枠組式型枠など、支保工にも複数の種類があります。

支保工の用途

トンネルや坑道、橋梁などの工事で掘削を行なう際に、地盤・岩盤が崩れないように支えるために使います。

求人・職人募集を見る
協力業者募集を見る